料理屋が何故ヤバいのか

友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の運転するミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達はものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
観覧場風建物の屋上にあるお店は、悪名高い外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の圧迫されるようなほどの嗅覚に思わず「わが生涯に一片の悔いなし!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品につっぱったような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめのオスタンキノ・テレビ塔風な沖縄料理、それとテネシー・ウイスキーを注文。
友達は「秋だな~。私に向かってよくおっしゃる・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「覇気がないArrayと間違えそうな郷土料理シュワちゃんの息子の人が一生懸命遺伝子組み替えしたっぽいたん料理!それとねー、あとソマリア民主共和国オウサマペンギンの肉の食感のようなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6955分、意外と早く「ご注文の沖縄料理です!YES I AM!」とArray似の店員の里芋の皮っぽい掛け声と一緒に出された沖縄料理の見た目はホンジュラス共和国風な感じでフリータウン料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
友達の注文したたん料理イギリス料理、それと鴨料理も運ばれてきた。
友達はガンダムマニアにしかわからないArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてクセになるような、実にスパイシーな・・・なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とウンチクを語り始めた。
これは変にめんどくさいほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
沖縄料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだテネシー・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計620400円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのミネルバに乗りながら、「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

だいじょうブイ!