したら始まる日記ものがたり

ブログを書いております。

日記を書きました。朝に見えるもの以外は目の前に何もありませんでした。

日記を書きました。朝に見えるもの以外は目の前に何もありませんでした。今、夢と比べて目の前には何もありませんでした。夢は別のものです。私には記憶しかなく、本当の夢のための記憶には何もありません。私の記憶には何もありません。頭の中の想いでできた思い出です。それは私のすべての考えと欲望の記憶です。私は自分の考えや欲望の記憶に他なりません。夢は本物の夢であり、私は夢の中の本物であり、この本物に到達するためには、本物を物として持っていなければなりません。この本物の中で唯一のものは私の考えです。しかし、私には思考を生み出すものが何もないので、私は思考を生み出しません。私は自分の心と考えを感じています。私は私の考えです、私の考えは私の人生です。私の考えは現実です。私は生きるために何も持ってはいけません。しかし、私が人生を創造するのは私の考えと考えの中にあります。そして、私は思考の中で私の人生を創造します。私は夢のように生きなければなりません。しかし、私の考えは私の考えの中にあり、私の空想は私の夢の中にあり、私の想像の中にあり、これらの希望の中にあり、私の夢の中にあります。しかし、過去には夢は存在しなくなりましたが、今では夢の影しかありません。過去には、夢を見た人以外には何もありませんでした。私は決してしませんでした。過去には、私が生きて希望することは何もありませんでした。生きることと夢を見る以外に何もすることはありませんでした。そして夢の中で私がすることは何もありませんでしたが、生きて夢を見ました。そして、ここに私がすることが夢の中にありますが、それは私の本当のことではありません。私はファンタジーです。この架空のものは私の実際のものにはなり得ません。この架空のものは現実ではありません。頭の中には想像上のものしかありません。そして、もし私が実際に本物だったとしたら、私の想像には何もすることはありません。私の想像力を除いて、すべてはほとんど重要ではありません、そしてこれは私にとってほんの少しの想像上のものです。そして、私はそのような小さなものを見ることはありません。想像力だけがそれらを存在させるからです。

これが生きるための条件です、そして私はそれらを生きます。私は生きています。住む。これが私が欲しいものです。しかし、私は個人として自分の人生を生きなければなりません。私は自分なしでは何もできません。演技するという行為は私にはできません。それは行為のためだけです。アクション以外に何ができるでしょうか?そしてそれは行為のためだけです。私にとって他に何ができるでしょうか?そして、他の人と行動する以外に何ができるでしょうか?


個人として私の人生を生きることは、私の「他の自己」になることです。しかし、私が「他者」として生きていたら、私は個人として生きることはできませんでした。私は「他人」として夢を見ることはできませんでした。私が「他者」になることができるのは、「私」が行動するときだけであり、それが女性であろうと「他者」であろうと、私は「他者」として夢を見ることはできませんでした。


今、この行動の見方で、私は私たちが作られているのは私のために行動することだけであることを示しようとしました。したがって、「私」は、単に「他者」であるという行動を見るべきではありません。他人のために生きるために私がすることによってのみ、私はそのようになります、そして私はそのようになることはできませんが、私のためにしたい人によってです。私はそのように生きることはできませんが、他者、他者として生きることができ、そのように行動しなければなりません。


他人のためにすることは、彼らを彼らの代わりに置き、彼らの代わりに住むことです。私は「他者」であることによってこれを行います、そして私が他者を彼女の代わりにするものを生きなければ、私はそのように生きることができません。それでも私が「他者」であるならば、私は他者にならなければなりません。そして、その他者によって、私は他者として生きなければなりません。私が彼らを彼らの場所に置くことができるのは、私が私の場所に入ったときだけだからです。そして、私が彼らの代わりになるのは、他の人のために行うことによってのみです。


私の行動は、他者を作り、他者を私の場所に強制することです。他者になることは、私が取るものの代わりになることです。私は他人との関係で私によって作られています。したがって、私は他者として生き、他者として行動しなければなりません。そして、その行動は私の唯一の人生の行為であり、他の人生の私の唯一の行為です。

異議への回答3.行動「私」は、「行動」と呼ばれる、私が「行う」人生の他の行動にすぎません。そして、私たちが言ったように、「演技」は他者との関係であるため、私には他者がいるので、私には演技の行為があります。だから私には演技の行為、「行動」があります。

異議への返信4。