雑誌の時間ですよ365

ブログを書いております。

雑誌を読みました。いいえ、待ってください。

雑誌を読みました。いいえ、待ってください。メールマガジンを受け取りました。そういうわけで、日々は私から遠ざかっています。座って振り返る時間はありませんね。それはしないことを意味します。これが私のバージョンであり、私の小さなブログ投稿であり、さまざまな人々からの一連の引用であり、私に考えさせることを目的としています。

引用は、思考を刺激し、思考の糧を与え、少しの衝撃を与え、ズボンを蹴って自分自身に疑問を投げかけ、現状に疑問を投げかけるために選ばれました。

私たちは古いスタンバイ、私の長老たちの知恵から始めます。彼らの時代の知恵。

「あなたの人生を生きる方法は2つしかありません。一つは、何も奇跡ではないかのようです。もう1つは、すべてが奇跡であるかのようです。」 - アルバート・アインシュタイン

この引用がどこから来たのかはわかりませんが、読んで熟考するのに最適です。幸せになるとは何ですか?私たちはどのように私たちの生活を送っていますか、すべてが奇跡であるかのようにどのように彼らを生きていますか?すべてが奇跡であるかのように私たちはどのように生きますか?

「その日を振り返ると、周りにいることがないので、楽しむことができるような生き方をしてください。」 - わからない

幸福への道はたくさんあります。 「幸福」と呼ばれるこのことを達成するための多くの方法。それでも、前向きで幸せな人であることがおそらく最も簡単であることに私たちは皆同意していると思います。朝起きて笑顔になれば、きっと幸せな気分になります。しかし、幸運にも幸せな場所にいることができ、毎日このように暮らすことができ、どんなに困難であっても、人生を本当に楽しむことができます。あなたはただあなたの人生を楽しむことができます、そしてその結果として、あなたはおそらく少なくともその瞬間には幸せになるでしょう。しかし、それは人生の仕組みではありません、私は恐れています。または多分それはそうです。

私たち自身の心が私たちを不幸にしていると思います。または私たちを不幸にします。他の人が私たちを不幸にしたり、幸せにしたりすることはないと思います。私たち自身の考えや信念は私たちを幸せにするか不幸にするかのどちらかだと思います。自分を敗者だと思ったり、自分が十分ではないと思ったり、普通だと思っていても、惨めになるでしょう。確かに、自分が非常に苦手だと思ったり、体調が悪いと思ったり、普通の人だったりしても、敗者や体調が悪いという意味ではありません。私はそれについて不幸になることは許されていません。それは単に私がいることを意味します。そして、私は私の人生の残りの間、その事実と一緒に暮らすかもしれません。そして、私は全体として、それについて不満を抱くかもしれません。それは私が人生はそれだけだと思う​​ことを意味するかもしれません–公平ではなく、不公平です。物事が苦手なだけではないと思うかもしれません。私はすべてが苦手です。私は何も得意ではありません。しかし、そのような考えや信念を持っていること、それを信じることは、私が決して満足しないことを意味します。そして、私はそれと一緒に暮らすことを幸せにすることはできません。