雑誌の時間ですよ365

ブログを書いております。

雑誌を読みました。私は歴史についての本を読んでいました。

雑誌を読みました。 (いいえ、それはコスモポリタンではありませんでした。それはエコノミストでした。いいえ、私はそれを完全に読んでいませんでした。)

私は歴史についての本を読んでいました。そしてもちろん、それは英国の産業革命と蒸気動力機械の開発の歴史でした。私が読んだ記事は、蒸気機械などについてではありませんでしたが、英国の革命がどのように識字率の大幅な上昇を引き起こしたかについて話していました。

もちろん、それ以前に読むことを学ぶ理由はありませんでした。読み書きができない時代に、なぜ何かを書く必要があるのでしょうか。したがって、リテラシーは17世紀に急上昇し、残りは歴史です。

なぜこれが私に大きな打撃を与えたのかはよくわかりませんが、確かにそうです。つまり、私は通常、歴史についてあまり読んでおらず、今読んだばかりの記事もあまり読んでいませんでした。しかしもちろん、私は以前に産業革命について読んだことがあり、そのプロセスの一部は現代社会がどのように発展したかという一般的な考えをよく知っていました。

しかし、私は非常に異なる何かを読んだことを覚えています。幼い頃、私はいつも本を読んでいました。カール・セーガンからの引用を覚えています。私たちの宇宙で最も興味深いのは、「これまでにあったものはすべてまだここにある」ということです。彼は私たちの宇宙への理解の拡大のニュースに応えてこれを言いました。

読書が好きで、物事を発見する感覚が好きな人にとって、膨張宇宙のアイデアは魅力的に思えるかもしれません。しかし、それが実際に重要であると私を驚かせたことは一度もありませんでした。私はいつも宇宙が永遠であるという考えに非常に魅了されてきました。

しかし、雑誌のために何かを書くことができるという点で、これは私を非常に驚くべきものとして印象づけました。

もちろん、もう一度記事を読んだ今、なぜそんなに驚いたのか思い出せません。実際のところ、それはまったく注目に値するものではありません。社会がこのような変化を遂げるとき、すべてが新しいやり方を進化させるのにそれほど時間はかかりません。

そのような変化の過程は工業化と呼ばれ、この種の過程は人類の歴史を通して続いてきました。しかし、この記事はそれについて話していません。その後の次のステップについて話している。

私はまだこの記事に非常に感銘を受けています。

「私がそれをした理由は、それが単なるゲームではなく、使命だったからです。そして私は私たち全員のより良い未来を作ろうとしていました。」

ええ、私たちが物事を行うのと同じ理由です。それは使命です。私たちはただ歩き回っているだけではありません。この世界をより良い場所にしようとしているので、歩き回っています。または、少なくとも、私が見ているように、私たちはそうしようとしています。

それがこの記事のポイントです。私たちはいつも歩き回っていて、常にもっと良いことをしようとしています。自分の生活を改善しようとしているだけでも、自分の生活を改善しているのです。

そのため、この記事はまだ非常に印象的だと思います。素朴な子供から大人まで、この男の人生の進化についての作品です。そして、私たちはまだ世界を変え、私たち自身を変え、私たちの生活を改善するこの過程にあります。

ほら、人生の最大の目標はこれです。私たちはいつも歩き回って、これとあれをやっています。しかし、私たちも常に変化しています。それがこれが意味することです。そしてそれが最も重要なことです。

「ただ歩き続けてください。あなたが目を覚ます毎日は新しい日です。毎日はあなたが好きなことをするチャンスです。」

私たちは好きなことをし続けなければなりません、そしてそうするために、私たちはただ歩き続けなければなりません。私たちはいつでも道を変えて別の道を選ぶことができるので、歩き続けるべきです。私たちはいつでも世界を変えることができ、いつでも自分の人生を変えることができます。

しかし、それは常に新しい日です。それは常に歩き続けるための新しいチャンスです。

Keep Walkingは、人生、愛、宇宙、そしてすべてについての個人的な物語のコレクションです。それは単なる自己発見の旅ではなく、歩き続けることを選択した場合に実際に達成できることについての物語です。